発毛原料が融合!モンゴ流Deeper 3Dが禿頭ソリューションには一押し

モンゴ流Deeper 3Dには毛生え成分として有名なキャピシキルとリデンシルが配合されています。また、それだけでなくさまざまな伸長因子もブレンドされています。それぞれの原料の特性や効果に触れながらモンゴ流Deeper 3Dを使用するプラス面を解説していきたいと思います。最後には、モンゴ流Deeper 3Dの効力をよりアップする使い方のポイントについても紹介していきます。抜け毛やハゲに頭を悩ませている人々は是非参考にしてください。

モンゴ流Deeper 3Dではキャピシキルとリデンシルが配合

キャピシキルは発毛マテリアルの代表格としてハゲに苦悩している方にとても人気を集めている発毛材料です。そのキャピシキルを含んだだけでなく、リデンシルも高濃度に配合した育毛剤があります。それがモンゴ流Deeper 3Dです。

キャピシキルはもともとカナダの化学原料製造会社がまつ毛の発毛剤の原料として開発したものです。まつ毛にすごい毛生え効き目が確かめられたことから毛髪にも採用したのがきっかけです。キャピキシルはアカツメクサから取り出されたエキスとアセチルテトラペプチド-3を合成したもので、天然由来成分です。しばしば禿げのもとになる男の人ホルモンの生成を邪魔してハゲを防止してくれる効果があります。また、髪の発達を促したり、毛母細胞を修復したり、活性化させたりして、毛生え有効性も期待することができる材料
また、モンゴ流Deeper 3Dには高濃度のリデンシルもブレンドされています。この育毛材料はもともとスイスで作られたものであり、セイヨウアカマツ球果エキスや塩化亜鉛など5つの違う原料作られています。したがって、モンゴ流Deeper 3Dはこれらの成分から成り立っているので、育毛助長と薄毛予防の効果を一緒に得られる貴重な毛はえ薬です。

モンゴ流Deeper 3Dに含まれるGF材料

モンゴ流Deeper 3Dはキャピシキルとリデンシルだけが含有されているのではありません。GF成分とよばれる発達因子も含まれているのです。たとえば、ヒトオリゴペプチド-5というものが挙げられます。これは発達期にある髪に働きかけて健全にキープする毛母細胞成長因子のことです。また、プラセンタエキスも特筆すべき発達因子です。これはアミノ酸や不飽和脂肪酸などが豊富に含有されている牛や馬の胎盤から抽出されたエキスのことです。さらに、加水分解アナツバメ巣エキスもあります。これはシアル酸が豊富で髪の毛の発育を推進させます。このような伸長因子が全部で8種類も含有されていて、これは業界で最多の数になっています。これらの発育因子が含有された発毛剤を使用すると、発達因子を使った治療法で有名なハーグ療法と同じ有効性を得られます。

無添加のモンゴ流Deeper 3Dを使うプラス面

モンゴ流Deeper 3Dを使用するメリットには何があるのか気にかかる方もいるでしょう。それは4つの利点が挙げられます。1つ目はヘアーの発育を促進させる効力があることです。髪の発育を早めるには毛母細胞の分裂を活発化させる必要があります。これは伸長因子の作用によって達成できます。また、衰退している毛根を修復することも丈夫な毛髪が伸びてくることにつながります。これはキャピシキルの働きによって達成できます。さらに、頭皮に栄養が行き届くようになることでも毛根が十分に発達するようになります。毛母細胞が活性化すると頭皮の血液循環が良くなってヘアーに養分が届くようになります。これもキャピシキルの作用で可能です。

2つ目は抜け毛を防ぐ作用があることです。いくら伸びるヘアーが健全になっても抜け毛が多くては有効性が薄いです。ヘアーが増えるそばから抜けていくからです。その脱毛を防止するのがキャピシキルとリデンシルの原料の働き

3つ目は円形脱毛症対策にもなることです。毛根を活発にする材料がモンゴ流Deeper 3Dに含まれているので、発毛作用を発揮して円形脱毛症の治療にもなります。

4つ目は反動の恐れがないことです。毛はえ薬によっては頭皮にかぶれや湿疹といった副作用の症状が出ることがあります。モンゴ流Deeper 3Dの材料はキャピキシルをはじめとして自然由来のものが多くを占めていて無添加です。ですので、化学物質によって引き起こされる副作用を気にかける必要はありません。モンゴ流Deeper 3Dには上記の4つの利点がありますので、使用して損はありません。

モンゴ流Deeper 3Dの有効性を高める最適な使用法

モンゴ流Deeper 3Dの効用をさらに上げる活用法を説明します。育毛トニックは安い買い物ではありませんので、どうせ使うならより強い作用を得られる方法で使用したいものです。ポイントは2つあります。1つはモンゴ流Deeper 3Dを付けるときは夜に塗ることです。発育ホルモンが分泌されるのは22時から2時までの間なので、この時間帯に合わせて塗るといいでしょう。そのため、寝る前に付けると髪の毛伸長がより早くなります。もう1つのポイントとしては塗布した後はドライヤーなどで乾かすことです。髪の毛がが濡れた状態で塗布してそのまま乾かさないでおくことが良いと昔は言われていましたが、これはあくまでも化学物質が配合されているされている育毛トニックの場合です。モンゴ流Deeper 3Dには含まれていないので、頭皮の吸収力を強めるために頭部の肌を乾かすのがおすすめです。